社会福祉法人そだちの杜

松見町 井土ケ谷 金港町 保育園

HOME > 保育内容 > 教育方針
  • 1.早寝・早起き・午前昼寝の実践

    1日24時間の生体の生活リズムに添って、早寝、早起き、午前中の昼寝の実施をする。

    『寝る子は育つ』と言われるように、生体の生活リズムに沿った早寝・早起きの睡眠のリズムを身に付けると、眠っている間にさまざまな睡眠同調ホルモンが分泌して、脳やからだを守り育てます。
    当園では、家庭で早寝・早起きがスムーズにできるよう、午前の昼寝を実践しています。(午後の昼寝は眠りが深くなり、夜の入眠を妨げます)

  • 2.基礎的なからだの動きを育てる

    楽しくからだを動かすことを大切にしながら、基礎的なからだの動きをしっかりと身につける。
    ※毎朝の雑巾がけや手押し車、リズム運動、遠出の散歩、草履保育などの実践

    造形活動などを通して、手の働きを育てる。

  • 3.自己肯定感・生きる意欲を育む保育

    大人や仲間に見守られながら“できた”喜びを積み重ね、自己肯定感を持つ。

    友だちや保育士と楽しく向かい合い、快の情緒の中で豊かな表現力とコミュニケーション能力を身に付ける。

    行事や日常生活の中で伝統や文化を大切にし、情緒豊かな子どもを育てる。

    身の回りの仕事や手伝いを経験する中で、生活していく力を育てる。

    知的好奇心や探究心・冒険心を育てながら、就学前に必要な基礎的な力を身に付ける。

  • 4.ノーマライゼーションの理念に基づき、障がいのある子もない子も、ともに楽しく暮らす

    総合保育、及び個別対応できる保育体制をつくる。

    療育センター・保健センターなど各関係機関との連携。

    子育て相談(園児・地域)の実施。